ほとんどの方で苦手であろう歯医者での治療。特に歯を削る際の恐怖感はいくつになっても体験したいものではありませんよね。「虫歯が出来た=削らなくてはならない」と考えているかたが多いと思いますが今は初期段階の虫歯は「削らずに経過観察をする」という方法が主流になってきています。今回はその理由と削ってしまうことによるリスクなどを詳しく解説していきたいと思います。

虫歯があっても削らなくていい?

以前の治療方法では小さい虫歯でも削り詰め物をするという治療方法が主流でした。しかし、歯を削った部分と詰め物の境目から虫歯になってしまったり詰め物の劣化によりさらに削って詰め物をやり直さなくてはいけなくなったりと二次むし歯になる確率が高くなってしまうことがわかってきました。虫歯の初期段階の「初期虫歯」は、歯科医院では「CO(エナメル質が溶け出した状態」と呼んでいます。この状態であればその後しっかりと口腔ケアを続けることにより虫歯の進行を止められることがわかり、最近では初期虫歯であれば削らずに経過観察する方法が勧められているのです。

初期虫歯の治療方法

口腔ケアをしっかりと行う

口腔内に潜む虫歯菌は食べ物などに含まれる「糖」をエサにして活動していきます。食後はしっかりと歯磨きをするクセをつけ初期虫歯を進めないような口腔状態にしましょう。また歯ブラシだけでなくフロスや歯間ブラシを使用し細かいところまで磨き残しを無くすことも重要です。甘い飲み物や食べ物をダラダラ食べたりと口の中に糖を長時間残しておくようなことも避けるようにしましょう。

フッ素塗布

よく耳にする「フッ素」は歯のエナメル質を強化し溶けにくくするという効果があります。また再石灰化を促進する効果もあるので歯を丈夫に、虫歯の進行を止める役割をしてくれます。歯科医院での定期健診などでも希望すれば塗布してくれるので初期虫歯がある方はフッ素を使ってもらうようにしましょう。

定期的に検診に行く

初期虫歯と言ってもいつ虫歯が進行するかわかりません。経過観察だからといって安心せず定期的に歯科検診にて虫歯の進行具合を確認しましょう。また歯科検診ではクリーニングをしてもらえることがほとんどですので歯石の除去やブラッシング指導など虫歯の進行を防止することにもつながります。虫歯が進行しているようであれば早期の治療もできますので特に初期虫歯がある方は定期健診に行くようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?初期虫歯と言われる状態はエナメル質が溶け出している状態であり正しく対処していけば進行を止めることが出来ます。歯にとっても削らない方が歯の寿命が延びますのでなるべく初期のうちにしっかりとケアしていくことが重要です。まずは歯科検診を受けて今の自分の口腔内状況を把握してみましょう!