歯を無くしてしまう一番の原因としてあげられるのが「歯周病」です。
何となく歯の病気として思い浮かぶのは虫歯が多いですが、歯周病は虫歯と同じくらい怖い病気で完治が難しい深刻な病気です。

今回はそんな歯周病が起こり始める年代や歯周病が多い世代など詳しく解説していきます。
また歯周病になりやすい方の特徴もまとめましたのでぜひ参考にしてみて下さい。

歯周病が起こり始める年代

子供の頃は虫歯になりやすく、大人は歯周病になりやすいという傾向があります。
歯周病は子供よりも成人した大人である20歳位から始まっていくことが多いようです。

歯周病の多い年代

歯周病はとても多くの方が患っている病気でもあり、厚生労働省の調べによると歯周病にかかる率は年齢と共に上昇しています。
日本人の40歳以上の約8割が歯周病にかかっており特に40代~50代にかけて歯周病にかかっている人が多くみられます。

60代になると歯周病の羅患率は下がりますが、これは40代頃に患っている歯周病のせいで歯を失ってしまった方が多いからです。
歯周病は早いうちから対処しないと60代には歯が少なくなってしまい健康な食生活が送れなくなってしまいます。

歯周病になりやすい人の特徴

歯磨きが上手にできていない

歯磨きは毎日していてもその方法が正しくなければ意味がありません。磨き残しが多くなると細菌の塊である「プラーク」が残ってしまい歯周病の原因になります。
しっかりとプラークを落とせるブラッシング方法を身に着ける必要があります。

歯並びが悪い

日本人はアゴが小さく特に歯並びが悪い方が多いです。
歯並びが悪いと歯が重なり合ったりしている部分が多く上手く磨けないなどの磨き残しの原因になります。
そのまま放置してしまうとプラークがたまり歯周病の原因になりますので、できることなら歯科矯正を行い正しい歯並びを整えることが重要です。

タバコを吸う習慣がある

タバコは歯周病の原因ともされていて、1日に10本以上吸う人は歯周病にかかるリスクは5.4倍になると言われています。
タバコの煙は歯茎などに送る酸素を妨げ、ニコチンが毛細血管を収縮させるので菌と戦ってくれる白血球の供給を妨げてしまいます。

遺伝

歯周病は遺伝が原因の場合もあります。
親に重度の歯周病の方がいる場合自身も歯周病になりやすい体質であることが多く歯周病にかかるリスクは高いと考えたほうがいいでしょう

まとめ

年齢が上がるにつれ歯周病のリスクは高まってきます。歯周病は完治することがとても難しい病気です。
最悪のケースで歯を失ってしまっては全身の健康にも害が出てしまいます。日頃から歯周病にならないように口腔ケアや生活習慣など気にすることが大切です。
また定期的に歯科検診に通うことも大きな歯周病予防につながりますので
ぜひ歯科医院を受診してみましょう。