保険診療内の銀の詰め物・被せ物

昔から、むし歯の治療は、むし歯を削って詰め物や被せ物を被せるという治療が基本です。

最近では削らずにむし歯を治療する方法などもありますが、削って詰めるという方法は歯科治療の基本中の基本でしょう。 日本には、国民皆保険制度があり、わたしたちは医療保険を使って安価に歯科治療を受けることができます。

これら国民皆保険制度は、歯科治療を身近なものにし、日本人の歯の健康に大いに貢献してきました。 成人した大人の方であれば、多くの方が、歯医者さんで歯を削り詰め物をしてもらった経験がお有りでしょう。

むし歯の大きさの大小はありますが、虫歯治療した部分には、銀色の詰め物や被せ物がある方が多いのではないでしょうか? 日本の歯科医療は、日々進歩し続けているにもかかわらず、銀色の詰め物・被せ物治療が主流になっている理由の一つは、日本の医療保険で賄える治療は限れていて、保険対象となるのは、銀の詰め物・被せ物となっているからです。

この治療しかなかった時代は、これが当たり前でしたので、皆さんはなんの疑問もなかった事でしょう。口をあけたら、銀の被せ物が見える事を不思議に思わなかったのは無いでしょうか?

そんな中、日本においても、より美しさ(審美性)を求める方々への歯科治療として、白い歯の詰め物・被せ物を入れる方が増えてまいりました。欧米では、銀の詰め物・被せ物ではなく、白い歯の詰め物・被せ物が主流です。なぜなら、国民皆保険制度などの制度は無く、皆が自由診療(もしくは個々人の医療保険)で治療を受けるからです。

その場合、安価なものではなく、多少値段が高くても白く綺麗な歯の詰め物・被せ物を選びます。
これらの事をうけ、最近の日本でも、だいぶ、自由診療による白い詰め物・被せ物を選ばれる方が増えました。それでは、白い歯の詰め物・被せ物のメリットを下記にご説明いたします。

銀の詰め物・被せ物の金属アレルギーに注意

銀歯でもっとも気になるのはアレルギーの問題です。

金属を口の中にいれているのですから、理解出来ると思います。
銀に対する金属アレルギーは、実は、あまり気づかれにくいという特性があります。お口の中の銀の詰め物・被せ物は、高温多湿のお口環境の中で、銀の成分が溶けだし全身に回っていきます。それにより、タンパク質と結合しアレルギー源となることがあるのです。決して、お口の中だけの局所的な問題ではありません。

全身に影響して、悪さをすることがあります。
また、お口の中に長い間入りますので長い時間をかけて蓄積されてしまいます。そして、全身に影響する金属アレルギー症状は様々です。特に、掌蹠膿疱症 、扁平苔癬、湿疹、皮膚炎、舌炎、口唇炎、歯肉炎、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、脱毛症などがあると言われています。 長い間悩んでいた症状が、歯の中にある銀歯による金属アレルギーだった、、、、などという事もありますので、知っておいていただければと思います。

メタルフリーの白い歯の詰め物・被せ物

それでは、銀の詰め物・被せ物による金属アレルギーを未然に防ぐための情報をお知らせいたします。

まずは、パッチテストの必要性です。
皮膚に金属を貼り付けて、その部分にアレルギー反応が起きるかを調べます。これでアレルギーが疑われる場合は、やはり銀の詰め物・被せ物は避けたほうが良いでしょう。パッチテストをしたことの無い方は、一度やってもらっても良いかもしれません。

また、すでに銀の詰め物・被せ物が入ってしまっている場合には、それらを外していったほうが良いでしょう。その後に、アレルギーを起こしにくい材料で再治療を行います。
具体的にはプラスチックやセラミックになります。また、パッチテストで金属アレルギーを起こさないと分かった金属なども選ばれます。 白い歯の詰め物・被せ物は、セラミックなどで出来ていますのでアレルギーは起こしません。これらをメタルフリーと呼びます。

しかし、本ブログ記事の冒頭でも説明しましたが、これらメタルフリーの素材を使った詰め物・被せ物治療は保険対象外となる自由診療となります。よって、保険の治療よりも治療料金は高くなりますので、治療内容や金額について、きちんと説明をうけて取り組む必要がありますのでご注意ください。

また、白い歯の詰め物・被せ物はアレルギー以外の部分でも大きなメリットがあります。それは見た目の美しさ(審美性)です。 それまで、大きな口を開けると、銀歯が光っていた部分が、透明度の高い白い歯になります。ご自身の歯と、ほぼ見分けのつかない質感になりますので、非常に綺麗な歯になります。

一度、白い歯の詰め物・被せ物を入れた人は、もう銀歯には戻れないと思います。それほど、歯の治療が大きく違うのです。自由診療と聞くと、なんだか高いイメージがありますが、死ぬまで使うご自身の歯の事ですから、よりご自身にメリットの高いものをお選びいただくことをおすすめしています。

また、白い歯の詰め物・被せ物治療は自由診療になりますが、保証がついていますのでご安心ください。万が一破損した場合には、保証期間(2年)以内であれば、無料で修理が可能です。そういう意味でも、安心して取り組む事のできる治療だと思います。 これから私たちは、高齢化社会に生きていきます。

日本人の多くの皆さんが、長く健康な状態で生きていくことになるでしょう。年齢を重ねる毎に、様々な体のメンテナンスが必要になり、歯科治療も例外ではありません。
そんな時、たとえお年を召されても、笑顔の美しさを諦めること無く、美しい歯並びで笑い、美味しく食事を召し上がっていただきたいと心から願います。
保険外診療の白い歯の詰め物・被せ物治療は、当院では非常に格安で行っています。お気軽にご相談いただければと思います。 審美歯科料金表はこちらです。(http://www.ishikawadc.jp/esthetic-dentistry.html

審美歯科治療についてのご相談・ご予約

東京都板橋区板橋1-52-3 ロワール板橋1F
TEL:03-3964-8001