静かに忍びよる虫歯があります

健康な食生活を送るためには虫歯のない歯を維持することがとても重要になります。
一般的に「虫歯=痛みがある」という認識が多く痛みが出てから歯医者に行くという方も多いと思いますが、虫歯には「進行の早い虫歯」と、「進行の遅い虫歯」があることをご存知ですか?大人の虫歯は進行が遅いタイプのものが多く、気づいたら神経にまで達していたなんていうことも…。
今回はそんな見落としがちで危険な進行の遅い虫歯について説明していきたいと思います。

痛みを感じない虫歯!?

虫歯は虫歯菌から出る酸により歯のエナメル質を溶かしていく病気ですが、子供の歯は大人の歯よりも柔らかく神経も太いので痛みを感じやすく虫歯の進行がとても速いのが特徴です。
しかし、大人の歯の虫歯は痛みが出にくく、じわじわと進行していくケースが多い為自覚がないまま気づいた時には手遅れなんてことも。

進行性の虫歯

急速に進行するタイプの虫歯を「急性う蝕」といいます。このタイプは子供に多く見られ乳歯や生え始めの永久歯がなりやすいです。
このタイプの虫歯になると虫歯になっている部分が白くなり柔らかくなります。穴があいていることも多く進行が速いので早めの治療が必要です。

停止性の虫歯

進行が遅く気づきにくい虫歯を「慢性う蝕・停止性う蝕」といいます。大人の歯に多く見られ、色は黒く硬い状態の虫歯です。
痛みを感じる事は少なく進行がとてもゆっくり進むことが特徴です。痛みがなくても黒くなっていたり、違和感を感じたら歯科医院で相談するようにしましょう。

痛みを感じなくなったら危険!?

明らかに歯に穴が開いていて黒くなっている…だけど痛みはまったく感じない。最初は痛かったのにしばらくしたら痛みが引いた…。というケースはすでに神経が死んでしまっている場合が多いです。
歯の神経が死んでしまうと虫歯は進行していても痛みを感じることがありません。この状態は「C4」と言われ虫歯の最終段階になります。
痛みがないからと放っておいてしまうと虫歯菌がどんどん深くまで進行し歯茎が腫れて膿が溜まり蓄膿症を起こしたり、最悪の場合は虫歯菌が血液に入り込み全身に巡り脳梗塞などの深刻な病気を引き起こします。虫歯は一度進行してしまうと痛みが無くなっても治ることはありません。必ず歯科医院で治療をしてもらうようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?大人の虫歯は進行が遅く気づきにくい「停止性う蝕」の場合が多いです。
そのため歯医者にいく機会をついつい先延ばしにしてしまいがちで手遅れになってしまい、神経を取ることになってしまったなんてことも。痛みが無い状態でも黒ずんでいたり違和感を感じたらその時点で歯科医院に診てもらうことをおススメします。
また普段から定期的に歯科検診に行くことで虫歯の予防にも繋がりますので一生自分の歯で美味しいご飯を食べるためにも歯の健康に気を使っていきましょう。