嚥下(えんげ)について知る

今回の歯のコラムは、『誤嚥性肺炎』について書いてみたいと思います。
『誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)』は、呼吸器系の疾患ではありますが、お口の中の清潔と大きく関わっているため、歯科医療の領域でも、非常に大きな関わりのある疾患です。

それではまず最初に、私たちが食事をする時に飲み込む動作、嚥下(えんげ)について簡単に説明します。

私たちが、食べ物を咀嚼し飲み込んだ後は、食道を通って胃へと食べ物は送り込まれます。喉の奥は、食道へと流れる道と気管支への流れる道が2つに分岐しており、食べ物は食道へ、呼吸時の空気は気管支へと自動的に分かれていきます。

この飲み込む動作を『嚥下(えんげ)』と呼びます。
過去に、慌ててお茶を飲み込んだ時に、ムセこんだ経験はありませんか?あれは、通常、食道へと運ばれなければならない水分が、誤って気管支へと流れ込んだ時の反射です。異物が気管支に入り込まないように、喉の奥には自然に起こる反射機能が備わっています。

次に『誤嚥(ごえん)』について説明していきます。
誤嚥(ごえん)とは、その字のごとく、誤って飲み込んだ状態の事です。本来であれば、食道へと流れなければならない水や食べ物が、誤って気管支へと流れてしまうことを意味します。

健康な若い世代であれば、あまりムセこむことも多くありませんが、高齢者になればなるほど嚥下反射が低下してムセ込みやすくなります。特に、寝たきりの高齢者においては、嚥下機能が低下している場合が多いため、この誤嚥については、非常に注意しなければなりません。

それでは、なぜ誤嚥が危険なのかを、『誤嚥性肺炎』の説明と一緒に、下記にまとめていきます。

誤嚥性肺炎の主な原因

前述したとおり、誤嚥(ごえん)は特別な状態でなくとも起きる問題です。誤嚥で多いのは、水や食べ物ですが、それ以外でも唾液でも誤嚥を起こすことがあります。その他、夜寝ている時に、胃食道逆流により胃内容物を誤嚥したりする場合もあります。特にこの場合は、酸や消化液を含んでいる胃液を誤嚥してしまうので、気道粘膜を損傷するため、肺炎が起こりやすくなると言われています。

そして、誤嚥性肺炎とは、これら誤嚥によって起こる肺炎の事です。誤嚥によって気管支に細菌が入り込んでしまい、そこで感染を起こしてしまいます。抵抗力のある若年層では重篤な肺炎にはなりにくいのですが、抵抗力の低下している高齢者は、わずかな誤嚥でも、容易に肺炎になってしまいます。そして、最悪の場合には、死に至る場合もある深刻な感染症であることを覚えておいてください。

誤嚥性肺炎の主な症状

それでは、ここからは誤嚥性肺炎の症状についてご説明します。
誤嚥性肺炎の主な症状としては、①激しい咳、②発熱、③呼吸困難、④濃い痰などがあげられます。
発熱などは風邪の症状に間違えられる場合もありますので、より注意が必要です。

特に高齢者においては、元気がなくなったり、飲み込みが弱くなったり、失禁するようになったりと、他の症状も合わせて観察しておく必要があります。誤嚥性肺炎は早期発見が非常に重要になります。
高齢者にとってみれば、ちょっとの感染でも、命に関わる事態になりかねませんのでご注意ください。

誤嚥性肺炎の予防に口腔ケアが重要

最後に、これら誤嚥性肺炎の予防のための口腔ケアについてご説明いたします。

最初に説明したとおり、誤嚥性肺炎は細菌の気管支への飲み込みによって起こります。つまり、できるだけ細菌が送り込まれないような口腔環境を保つことが重要であることは、必然的にお分かりになるかと思います。

よって、何よりも口腔ケアが重要になります。

過去の研究データでは、口腔ケアを実施した人たちと口腔ケアを実施しなかった人たちを比較すると、口腔ケアを実施した人たちの、肺炎の発生率はおよそ40%減少させていたという事がわかっています。

(参考:https://www.8020zaidan.or.jp/magazine/start_care04.html

特に、寝たきりの高齢者や介護が必要な方々は、口腔ケアがとても大切であることをご理解いただきたいと思います。

それでは主な口腔ケアについてご説明いたします。
口腔ケアとは、単に歯磨きをするだけの事ではありません。お口の中の歯はもちろんのこと、口腔粘膜や舌などの汚れを取り除くケアと、お口の機能を維持・回復させるためのリハビリなどのケアも含まれます。

この2つをうまく組み合わせることで、口腔ケアの効果が発揮されます。

▽図作り直し

これらは、歯科医院ですべて行えることですので、誤嚥性肺炎が心配な方は、お近くの歯科医院にご相談いただくと良いと思われます。

口腔ケアを施すことで、お口の中がきれいになると同時に、唾液が促進され、味覚も改善していきます。さらに、会話もしやすくなるなど、口腔機能全般の維持・回復につながります。

そして、口腔ケアの基本はセルフケアです。ご自身で、適切な歯磨き(ブラッシング)を行うことや、お口をよく動かし、嚥下機能を維持・回復させるような運動も大切になります。

歯科医院では、歯科医師や歯科衛生士は、実際のお口のケアをするだけでなく、これらの指導・アドバイスも行います。誤嚥性肺炎が気になる方は、できるだけ早く、歯科医院にご相談いただくことが良いでしょう。

いまだ、毎年、肺炎によって亡くなる高齢者は多く、誤嚥性肺炎は死に直結する疾患です。口腔ケアによって、そのリスクが低減するのであれば、非常に価値ある事だと思います。お口のケアが行き届きにくい高齢者や寝たきりの方は、できるだけ早めにご相談ください。